妊婦さんと行った東京ディズニーランド体験談

スポンサーリンク

f:id:itoht12:20180516100030p:image

いつも閲覧ありがとうございます。

ぱぱディズニー管理人のあっくんです。

今回は妊婦さん連れディズニー体験談です。

 

少し前の話ですが、下の子が産まれる前に1歳児と妊婦さん連れで東京ディズニーランドに行きました。

今回の記事では、妊婦さん連れの東京ディズニーランド体験談をご紹介します。

 

 

妊婦さん連れ東京ディズニーランド体験談

旅行日程

1泊2日

  • 奥さんが妊娠していた(妊娠6ヶ月)
  • 子供が小さかった(1歳)
  • 1デーパスポートを事前に持っていた

こともあって、東京ディズニーランドホテルへの宿泊を組み合わせた1泊2日の日程で東京ディズニーリゾートを満喫しました。

 

妊婦さん連れディズニーで初めにやったこと

ゲストアシスタンスカードを取得

妊娠している奥さんを連れて最初に向かったのはメイン・ストリートハウスです。

メイン・ストリートハウスでは妊婦さんをはじめ、身体障害手帳、精神障害保健福祉手帳、療育手帳所持者および疾病、負傷などにより体の機能が低下している方をサポートする「ゲストアシスタンスカード」を発行してくれます。

アトラクション待ち時間を並ばず、待ち時間が経過した後案内してもらえる等、妊婦さん連れにとってありがたいサポートが受けられるので、まず真っ先にゲストアシスタンスカードを取得しに行きました。

乗ったアトラクション・グリーティング

  • エントランスグリーティング(ミッキー)
  • ミート・ミッキー
  • 空飛ぶダンボ
  • ピーターパン
  • シンデレラのフェアリーテールホール
  • アリスのティーパーティ
  • イッツ・ア・スモールワールド
  • バズライトイヤーのアストロブラスター

基本的にはグリーティングや、ゆっくり座れるアトラクションをメインに楽しみました。

適度に休憩を挟みながらアトラクションは並んでいないものを選んで乗るように心掛け、

上の子が小さかったこともあって午後7時頃にはパークを後にしました。

メインどころと言われるアトラクションには乗れませんでしたが、十分に東京ディズニーランドを堪能することが出来ました。

気をつけたこと

ゆとりを持って楽しむ

東京ディズニーランドホテルに宿泊したことを含め、妊婦さん連れでの東京ディズニーランドはゆっくり過ごすことを心掛けました。

ゲストアシスタンスカードを利用して人気アトラクションも並ばずに待つことができましたが、あまり並ぶアトラクションには乗らずに待ち時間の短いアトラクションを選んで乗りました。

パレードもゆとりを持って座れるベンチを探し、30分前にはスタンバイするようにしました。

妊婦さんとのディズニーランドで知っておきたいこと

ゲストアシスタンスカードを活用する

前述のとおり、ゲストアシスタンスカードは妊婦さんを含め、体の機能が低下してサポートが必要な方のためのカードです。

 

ゲストアシスタンスカードをアトラクションキャストの方に見せると、待ち時間を計算してアトラクション利用可能時間をカードに記載してくれます。

アトラクション利用可能時間までベンチ等で過ごし、時間になったら再度アトラクションキャストにカードを提示することで、スタンバイ列に並ばずにアトラクションを利用することが出来ます。

※待ち時間なくアトラクションを利用できる、待ち時間を他のアトラクションに並べるといった趣旨のカードではないのでご注意ください。

 

アトラクションのスタンバイ列は、長時間立ちっぱなしになることになります。

夏場にまったく日陰がない、冬場ずっと日陰など、スタンバイ列が快適に過ごせない所になる事も多くあります。

妊婦さんにとっては、アトラクションを並ぶだけで体への負担は大きくなってしまいます。

ゲストアシスタンスカードを利用して待ち時間をどこかベンチ等で過ごすようにしましょう。

ゲストアシスタンスカード発行場所

  • 各アトラクション
  • メインストリート・ハウス
  • ゲストリレーション
  • ベビーカー&車イス・レンタル

上記の場所にいるキャストにゲストアシスタンスカードが必要な旨と、グループ全員のパークチケットを提示することでカードを発行してもらうことができます。

事前に東京ディズニーリゾート・インフォメーションセンター(0570-00-8632)に電話して予約しておく事も可能ですが、予約する事でカードの受け取りがスムーズになるといったことは特段ありませんので、予約しなくても問題はありません。

妊婦さんNGなアトラクション

  • ビッグサンダー・マウンテン
  • スプラッシュ・マウンテン
  • ガジェットのゴーコースター
  • スター・ツアーズ
  • スペース・マウンテン

いわゆる絶叫系のアトラクションは妊婦さんNGです。

ただ、絶叫系以外でも楽しめるアトラクションはたくさんあります。

絶叫系は出産後のお楽しみにして、ゆったりしたアトラクションを楽しみましょう。

 

以上が妊婦さん連れディズニー体験談です。

ポイントはゆとりあるスケジュールで過ごすということかと思います。

稀に、妊婦さんが無理をし過ぎて緊急搬送されるなんて話も耳にします。

そうなってしまったら、結果的に後悔しか残らないディズニーになってしまいますよね?

 

妊婦さんを連れて行くときは無理をさせず、ゆったりとディズニーの世界観を楽しむようにしてみてください。