意外と知らないディズニーリゾートのファストパス基本知識

f:id:itoht12:20160913122118j:plain

引用元:【公式】ディズニー・ファストパス®|便利なサービス|東京ディズニーリゾート 

いつも閲覧ありがとうございます。

ぱぱディズニー管理人のあっくんです。

今回はファストパスチケットについての記事です。

混雑を回避するために必須になるのがファストパスチケットです。

今回はファストパスチケットの基本的な知識と基本攻略法をお伝えします。

ファストパスチケットとは

ファストパスチケットは特定のアトラクションで導入されているアトラクション優先入場案内システムです。

通常、アトラクションを楽しむためにはスタンバイ列に長時間待たなければいけません。

しかし、ファストパスチケットを取得すると、短時間でアトラクションに乗ることができるようになります。

東京ディズニーランドで導入されているアトラクション

東京ディズニーランドでファストパス制度が導入されているアトラクションは以下の通りです。

  • ビッグサンダー・マウンテン
  • スプラッシュ・マウンテン
  • プーさんのハニーハント
  • ホーンテッドマンション
  • スター・ツアーズ
  • スペース・マウンテン
  • バズ・ライトイヤーのアストロブラスター
  • モンスターズ・インク"ライド&ゴーシーク"

東京ディズニーシーで導入されているアトラクション

東京ディズニーシーでファストパス制度が導入されているアトラクションは以下の通りです。

  • タワー・オブ・テラー
  • トイ・ストーリー・マニア
  • インディー・ジョーンズ
  • レイジングスピリッツ
  • マジックランプシアター
  • マーメイドラグーンシアター
  • 海底2万マイル
  • センター・オブ・ジ・アース
  • ニモ&フレンズ・シーライダー

ファストパスチケットのルール

一度に発券できるファストパスは1枚のパスポートに対して1枚だけ

ファストパスは1枚のパスポートにつき1枚発券されます。

一枚のパスポートで一度に複数枚のファストパスを取得することはできません。

グループで同じアトラクションのファストパスに乗るためには、グループ人数分のパスポートが必要になります。

ファストパスを利用できる時間は指定できない

ファストパスは利用できる時間が決まっています。

発券したタイミングで利用できる時間は異なり、意図的に利用時間を指定することはできません。

ファストパスを取得してから次のファストパスを取得するまでには一定時間必要

ファストパスを発券してから次のファストパスを取得するには一定の時間を空ける必要があります。

基本的にはファストパス発券から2時間後から、次のファストパスを取得することが出来るようになります。

ただし、取得したファストパスの利用時間が発券後2時間以内であれば、ファストパス利用可能時間から次のファストパスが取得可能になります。

ファストパス取得の基本攻略

2時間以内に利用可能なファストパスを取得する

前述の通り、ファストパス利用開始時間が2時間以内であれば、ファストパス利用開始時間から次のファストパスが取得可能になります。

なので、ファストパス利用可能時間が2時間以内のアトラクションのファストパスを取得することで、多くのファストパスを取得できるようになります。

特に朝一は2時間以内に利用可能なファストパスが多くあります。

発券状況をホームページ等で確認しながら、どのアトラクションのファストパスを取得するかを考えて動ければ、かなり効率的にパークを楽しむことが出来るようになります。

ファストパスの利用よりも発券を優先する

ファストパス利用可能時間になったらすぐさまアトラクションに乗りたくなる気持ちはわかります。

ですが、ファストパスは利用する前に、次のファストパスの発券を優先するようにしましょう。

いくらファストパスとはいえ、並んでアトラクションが終わるには20~30分程度の時間は必要になります。

その間ファストパスは発券出来ません。

時間が無駄になりますので、ファストパス利用可能時間が来たら次のアトラクションのファストパスを取得してから、アトラクション利用するのが良いかと思います。

 

ファストパスを活用することで混雑を回避して楽しくディズニーを満喫することが出来ます。

ファストパスの知識は事前に必ずおさらいしておきましょう!