スーパードゥーパージャンピンタイムを失敗しないための6つのポイント

f:id:itoht12:20171221102642j:plain

いつも閲覧ありがとうございます。
ぱぱディズニー管理人のあっくん(@AKKN_110)です。
東京ディズニーランドで子供に人気のショーといえば?
そう、スーパードゥーパージャンピンタイムです!
あっくん、先日ディズニーランドにインパした際にそんなスーパードゥーパー・ジャンピンタイムでやらかしてしまいました……(涙)
今回は、あっくんの失敗を踏まえ、今後このような悲劇(?)を生まないために、スーパードゥーパージャンピンタイムを失敗しないための6つのポイントをご紹介します!

 

 

スーパードゥーパージャンピンタイムとは?

子供が楽しめるキッズエンターテイメント

スーパードゥーパージャンピンタイムは、東京ディズニーランドのプラザパビリオン・バンドスタンドで開催されている子供向けのエンターテイメントショーです。

スーパードゥーパージャンピンタイムを失敗しないための6つのポイント 

スーパードゥーパージャンピンタイムには定員がある

スーパードゥーパージャンピンタイムを失敗しないためのポイント。

まず一つ目はスーパードゥーパージャンピンタイムには定員があるということを知っておくことです。

Todayやホームページを見ると、スーパードゥーパージャンピンタイムの開始時刻が記載してありますが、その時間に行っても、まずスーパードゥーパージャンピンタイムには参加できません。

外から立ち見で見るだけの寂しい鑑賞になってしまいます。

スーパードゥーパージャンピンタイムには定員があり、大人・子供ともに入れる人数が決まっています。

大人の定員は会場内の椅子席が満席になったらで、万が一大人が定員一杯になっても子供の定員に空きがあれば子供だけ入ることができます。

子供だけが入る場合には、大人は開始10分前まで子供に付き添うことができますが、

以降は会場の外から子供を見ている形になります。

なので、お子様が一人で鑑賞できないようであれば、早めに行って大人席を確保する必要があります。

待ち時間の目安

あくまで経験則ですが、大人も含めて会場内で見る場合には

  • 平日:1時間前
  • 休日:1時間半前

がおおよその目安になると思います。

会場には全員で入る必要がある

スーパードゥーパージャンピンタイムを失敗しないためのポイント2つめ。

会場には家族全員で入る必要があります。

パパだけが並んで場所取りすることは出来ません。

パパだけで順番取っていても家族全員で揃っていないと最後尾に戻されてしまうので注意してください。

入場した後は代表者を残して外出可能

1~2時間も前に入場して何もできなかったら子供がぐずってしょうがないよ

と思われる方も知れません。

そんな方に朗報です。

スーパードゥーパージャンピンタイムは会場入りしたら、代表者1名を除いて外出することが可能です。

なので、

子供がトイレ行きたい

とか

ポップコーン買いたい

とかはパパを残していけば可能です。

代表で取り残されている間、トイレに行きたくならないようパパは事前に準備をしておきましょう(笑)

子供のお昼寝時間に注意

スーパードゥーパージャンピンタイムを失敗しないためのポイント3つ目。

子供のお昼寝時間に被らないようにすることです。

スーパードゥーパージャンピンタイムの開催時間は、日によって異なりますが大体が

  • 朝一(9:00~10:00)
  • お昼(12:00~13:00)
  • 夕方(15:00~16:00)

となっています。

朝一の時間はあまり問題にならないと思いますが、お昼と夕方の時間。

小さいお子様だとちょうどお昼寝と被ってしまいます。

せっかく会場の中に入れても、お昼寝の時間と被ってしまうとせっかくのショーを楽しむことができません。

むしろ大きな音でお昼寝を邪魔されてぐずってしまう場合もあります。

なので、まだお昼寝の必要なお子様を連れていく場合には朝一の回を狙うことをおすすめします。

雨天時は実施しない

スーパードゥーパージャンピンタイムを失敗しないためのポイント4つ目。

スーパードゥーパージャンピンタイムは雨に非常に弱いエンターテイメントショーです。

雨天時はかなりの確率で中止となってしまいます。

詳しくはこちらの記事をご参照ください。

夏期期間は実施しない

スーパードゥーパージャンピンタイムを失敗しないためのポイント5つ目。

スーパードゥーパージャンピンタイムは夏期期間中は実施しません。

屋外で行うショーになるので、夏場はかなりの暑さになります。

ショーに参加するキャストもですが、ショーに参加するお子様にとっても熱中症などのリスクが非常に高まります。

そういった安全面の配慮もあって夏場の期間は実施しないため、

行ったのにやってなかった!

なんてことの無いように、実施スケジュールは事前に確認しましょう。

2018年7月8日でクローズ

スーパードゥーパージャンピンタイムで失敗しないためのポイント6つ目。

スーパードゥーパージャンピンタイムは2018年7月8日(日)をもって公演終了することが公式で発表されています。

2018年7月までがラストチャンスになりますので、それまでにディズニー旅行の計画を立てるようにしましょう。

また、公演終了が近づくと見納めのために通常よりも混雑する可能性がありますので、ショーを見に行くのも予定を少し繰り上げていくことをおすすめします。

 
スーパードゥーパージャンピンタイムはクローズということもあって今後ますます人が増えるショーになると思います。
最終日なんかは立ち見も厳しい状況になると思いますので、まだ行かれていない方は早めにショーに参加しておくことをおすすめします。